【FX】隠れた手数料スプレッドの仕組み

スプレッドとは

FX基礎編FXのスプレッドについて説明をしていきたいと思います。

それでは早速いきましょう。

まずスプレッドFXにおけるスプレッドとは何かというと各FX会社がですね設定している売値と買値の差のことをいいます。

これだけだとよくわからないので例を交えて説明していきます。

あるFX会社は例えばスプレッド1銭ですとで設定している場合なんです。

例えば本来のレートがですね100円という風になっているときにこれは分かりますが100円です。

100円0000高いであるんですけれどもレートが100の時に買値が100.005円そして売値が99.995円状態になってこの買値と売値の差が1銭なんです。

1銭なので円に直すと0.01円なのです。

半分ずつ上下に動いていきますので0.005000上で改名0.005000したで売値が設定されていきます。

そしてこの差で一銭という形で設定される。

このさのことをですねFXにおいてはスプレッドという風に呼んでいます

スプレッドは隠れた手数料ということでfx 会社はですね手数料無料ということをですねよく歌っているんですけれども実はこのスプレッドというのが隠れた手数料なんです。

どういうことか説明していきます。

例えば100万円を運用する場合です。

スプレッドなしの場合はレート100円が例えば105円になった時100万円を運用するとですね利益は5万円出るはずなんです。

でも例えばスプレッドを一銭設定されている会社を使った時にレート100円ですレート100円ですスプレットが一銭なのでこのように差ができるわけで100.005円と99.995円の買値と売値そして100万円を運用するということで買値で買わなければいけないのでこの値段です。

100.005円で買わなければいけないそしてその後です。

このレートは100円から105円になりました。

でもこの105円の状態からもスプレッドが生じます。

105.005円と104.995円ということになります。

じゃあこの時に売ろうと思ったらこの104.995円で売らなければなりません。

そうするとこの100点005円で買って104.99ご縁で売った場合利益はどうなるかというと4980097円ということでこの差額103円がFx会社の利益として計上をされているということなんですねつまりFX場所は手数料です。

株式みたいにあわかりやすい手数料という形で抜いているわけではなくて実はこのスプレッドというのが隠れた手数料という形で抜かれているということなんです。

では手数料の算出方法についてわかりやすくですね計3色ありますのでご紹介するとこちらスプレッドをかける取引通貨数がですね手数料と出てきます。

じゃあ例えばスプレッドが一銭で1万通貨で合わせて1万通貨取引した場合最終的な手数料は100円取られていたという事になるんです。

これわかりやすいですよ。

スプレッドかける通過て取引通貨数=手数料という風になっています。

スプレッドの違いによってどのような違いが出てくるのかというのを体感して欲しいんですけれども例えばあなたが1カ月間で合計100万通貨の取引をしていたとしますでこの100万通貨っていうのはです。

100万円を運用するということではなくて合わせて100万通貨なんですよなので例えば1万円しか手元にないとしてもレバレッジ25倍をかけてですね25万円分です。

25万通貨とかですね運用した場合たった4回の取引で100万通貨行ってしまうんです。

レバレッジかけた状態でもこの100万通姦というのは適用されてしまうのでなのでレバレッジの量によっても売買回数によっても違ってくるので合わせて100万通貨の取引をしたとするという前提で行くと。

例えばa社ですねスプレッドが2000のパターンとb社スプレッド0.2銭のパターンで見てみます。

まとめ

この2つのですね会社一見するとですねそんなに大きいな10倍の差はあるんですけども線という正に線っていうすごいちっちゃい数値で見ているので安は大きな手数料にならないかと思いきや1カ月間合計100万通貨の取引をすると最終的A社は手数料20000円抜かれている対してb社は手数料2000円抜かれている状態になりますのでやはりですこう見てもらうとスプレッド0.2戦の方が最終的に手数料的にはお得ということでとなってきますのでfx会社ですね選ぶときにはこのスプレッドというのもですね支店に入れていかなければなりません。