FXにおける環境認識の重要性。環境認識で決めた方向を信じる。

FXにおける環境認識の重要性。環境認識で決めた方向を信じる。

FXにおける環境認識の重要性。環境認識で決めた方向を信じる。

環境認識の具体的な方法

まず「環境認識には上位足を使う」と、覚えておいてください。

明確な決まりはありませんが、私は4時間足以上の足を環境認識に使っています。 (ポジションの保有時間が数分と短いスキャルピングの場合、30分足などを使うこともあります)。

スイングなら週足を使用するのが良いでしょう。

環境認識はあくまでも、「相場が行きやすい方向」を読み取って、エントリーする時間足のチャートを開く前に「買いか売りかを決めておく」為の分析手法です。 日足で環境認識をしてエントリー方向を決めたとして、仮に自分が決めた方向に進まなかったとしても、その中で利益を得ることは十分に可能です。

日足レベルで買いだと環境認識をして、5分足でポジションを持つような場合、思惑通りに上がれば大きな利益を得るチャンスがありますし、1日単位で下がったとしても、1日を通して上がる局面も当然あるので、その中で利益になるトレードはできます。 実際のエントリータイミングは、下位足で精査をした後に決めていくので、損切りさえしっかり設定しておけば、大事故に繋がることはまずないでしょう。

もちろん、環境認識の段階で思惑が外れている場合は、日足の場合1日単位では逆行している訳なので、大きな利益は望めないないかもしれません。 しかし、重要なのは環境認識を通して、「自分で決めたルールを守る」ということです。

自分で決めたルールを守ることによって、それが自信と繋がり、健全な自信がつきます。 健全な自信は必ず良いトレード結果を生みます。

そして、環境認識の精度は続けていれば高くなっていくので、まずは騙されたと思って「環境認識で決めた方向にだけエントリーをする」ということを徹底してください。

  • 上位足で環境認識をする
  • 下位足でエントリータイミングを精査するこの流れを繰り返してください。

上位足の流れに乗ることが前提なので、俗に言うチキン利食いをしないよう我慢して、しっかりと利益を伸ばすことを心がけます。

逆に、上位足での環境認識が思惑とは違った場合でも、損切りだけは入れておいてください。 こうすることで、環境認識が思惑通りの時は大きな利益、思惑と違った場合には小さい損失かプラマイゼロのトレードとなることが多くなるはずです。

もちろん、勝率次第なところはありますが、レシオだけで見れば理想的トレードが出来るようになるでしょう。