確定拠出年金にも弱点はある。若いうちからはじめる投資。

確定拠出年金にも弱点はある。若いうちからはじめる投資。

確定拠出年金にも弱点はある。若いうちからはじめる投資。

確定拠出年金にも弱点はある?ない?

節税面で有利な確定拠出年金という制度ですが、弱点はあります。 その前にまず、制度の内容を見てみましょう。

確定拠出年金は、老後の自分のお金の準備を自分で資産運用して用意する制度です。 従来の年金制度だけでは、将来十分な生活が送れない可能性があるので、自分で備えないといけない時代なのですね。 名前もそれを表しています。

毎月拠出(積み立て)する金額が確定している年金なのです。 すなわち、将来受け取れる年金はその人の運用次第なのです。

現在、ほぼすべての人が加入できるようになっています。 もちろん加入しない選択肢もありますが、それでは確定拠出年金から将来受け取れる金額は、当然ゼロです。

また、基本的に毎月お金を拠出する方法(積み立て)しかありません。 それは、それが合理的だからです。

お金の流れ優先順位第一位は積み立てです。 そのため、できるだけ若いうちに確定拠出年金での投資をスタートさせることが結果として良いでしょう。

そして、確定拠出年金ではいわゆる元本確保型の貯金をすることもできます。

しかし、これも今まで学んだように、貯金だけでは増えない時代です。

そのため積極的に、リスクを背負って、投資信託を積み立て購入することが望ましいでしょう。 それでは弱点を見てみましょう。

年金とついている通り、基本的に60歳以降にしか受け取ることができません。 急な出費に対応できないのですね。

そのため、確定拠出年金で投資や貯金をすべて賄おうとするのは少々危険です。

最低でも、いつでも引き出せるお金を別に用意しておくことが重要です。これには、自動積み立ての定期預金などが適しています。

ただ、これは弱点というか、見方を変えるとメリットなのです。

いつでも引き出せるような制度ですと途中でお金を使ってしまいかねません。

そのため、60歳まで引き出せない確定拠出年金は、やはりとても素晴らしい制度、と言えるでしょう。