ビットコインの今後を考える

ビットコインの今後を考える

ビットコインの今後を考える

ビットコインの今後を考える

物の価値というのは需要と供給で決まり、需要が供給を上回ると自然と価値は上がっていきますが、ビットコインは発行枚数が2100万枚と決まっているので、世の中に広まれば広まるほど価値が上がっていくことが容易にイメージできるのではないでしょうか。

日本でも仮想通貨法が施行され、実質的に決済手段の一つであることが認められたことで、ビットコイン決済取扱店舗数も急激に増えていますし、消費税もかからなくなりました。

日本でビットコイン決済を受け付けている店舗は2500店舗と言われていましたが、今後どんどん広がっていくだろうだろうと言われています。

現在ビットコインは、仮想通貨の基軸通貨であり、ビットコインと交換しないといけない仮想通貨も多数ありますし、イーサリアムに関してはその技術からJPモルガンや、トヨタ、三菱UFJフィナンシャルグループなど、多くの大企業が注目し参画しています。

リップルに関しても既に銀行が送金を行うときに使う仮想通貨として利用されだしていますし、実際に需要が出てきている仮想通貨も多数存在します。 仮想通貨界全体を見ていても、昨年時価総額で1兆円規模になったかと思えば、1年たたずに10兆円規模を超えて成長を続けています。

もちろんその分バブルと言われていて、バブルは崩壊するだろうと言われていますが、半分正解で半分不正解です。

仮想通貨の種類は日々増えていて、プロジェクトごとに発行されているのですが、実需を伴わないケースが多く、実際に通貨として利用しているというよりも「期待感」だけで価格が付いてしまっています。

ビットコインのように、決済として使える経済圏を増やしていっているような仮想通貨はいいですが、実際にまだ使われていなくて、今後使えるかどうかも経済圏を増やすことができるかどうかもわからない仮想通貨まで高値で取引されていて、いずれ価値がなくなる可能性が高いので、実需がある仮想通貨を選んでいく必要があります。 そうすれば仮想通貨バブルが崩壊したときも生き残ることができます。