金融危機が起きるとうれしい?うれしくない?長期投資のメリットと安定性

金融危機が起きるとうれしい?うれしくない?長期投資のメリットと安定性

金融危機が起きるとうれしい?うれしくない?長期投資のメリットと安定性

金融危機が起きるとうれしい?うれしくない?

自分の決めた都合のよい短期・中期的な計画通りに金融商品や市場が動くことはあり得ません。

ですが、長期的に積み立て投資をしていると、良いことが起こりやすくなります。

なぜでしょうか?それは、景気が循環する性質を持っているからです。

そして、景気循環や金融危機を含めて、金融商品の価格が大きく下落する年がほぼ必ずあります。 これは長期で行えば、行うほど、ほぼ必ず遭遇する事態です。

短期的な投資をしている人からすると、これは非常に困った事態です。 なぜなら間もなく資金が必要ですから、ひどい安値で売却し、大きな損失を確定しなくてはいけません。

場合によっては、貯金を取り崩すことにもなるでしょう。 これでは家計の安定性も欠いてしまいます。

しかし、20年や30年などの長期で投資をしている人にとっては、金融商品の価格が大きく下落する年はチャンスです。 なぜでしょうか?それは、大量に安く金融商品が買えるからです。

特別な売買をしなくても、コツコツと積み立てているだけでもそれは可能になります。 そして、数年すると金融商品の価格は、元に戻ったり上回ったりしやすくなります。

するとどうなるでしょうか?安く大量に買ったのですから、それらが大きく値上がりしたり、たくさんの分配金などを産み出したりしてくれます。 いかがでしょうか。

同じ値動きでも、短期・中期投資家と長期投資家では結果が大きく異なりやすい(長期の方が有利になりやすい)のですね。 投資では、未来のことは不透明です。

そのため、計画を立てると(本人にとっては計画的なつもりでも)それは計画通りにいかない可能性が高まります。 つまり、いくら投資対象を適正なものにしても、行き当たりばったりの古い投資スタイルと似通ってしまうのですね。 成功確率を上げるには、長期で行うことが重要なのです。