メガバンクが発行する仮想通貨、MUFGコイン。仮想通貨のこれからを考える

メガバンクが発行する仮想通貨、MUFGコイン。仮想通貨のこれからを考える

メガバンクが発行する仮想通貨、MUFGコイン。仮想通貨のこれからを考える

動画も見といてくれると嬉しいです

メガバンクが発行する仮想通貨、MUFGコイン。仮想通貨のこれからを考える

三菱東京UFJ銀行は、仮想通貨「MUFGコイン」を広く一般向けに発行すると発表しました。 この「MUFGコイン」は、利用者が同行の口座にある預金を「1コイン=1円」の比率でコインに交換し、スマートフォンのアプリ等に取り込むなどして使うとのことです。

また、2018年春から順次、コインを取り込んだスマートフォンをかざすことで預金を引き出せる新型のATMを配備するとしています。

「MUFGコイン」はブロックチェーン技術を活用した仮想通貨で、銀行側のメリットとしては、取引を管理する大型コンピューターが不要になり、システム運用コストが大幅に削減できるということがあります。

当初は行員だけで使う行内通貨として考えていたようですが、「利用者の利便性を大いに高めることができる」との声が高まり、一般向けに発行することにしたとのことです。

この三菱東京UFJ銀行の「MUFGコイン」は、アップルペイ同様、いや即効性としてはそれ以上のインパクトを日本経済(あるいは世界経済)に与えるかもしれません。 ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨ということは、ビットコインと似たようなものになるのでしょう。

マイニングによる分散型管理はしませんが、決済手段としてのビットコインを一つの雛型として設計されているのは確かでしょう。

ビットコインの最大の特徴は(投機目的を除いては)、海外送金手数料が格段に安いことでした。 このMUFGコインも送金手数料の安さが最大の特徴になるだろうと思われます。

さらに、ビットコインと違って「1コイン=1円」という「円との固定相場制」が取られています。

これは、仮想通貨を投機対象として見ている人にとっては魅力がないかもしれませんが、決済手段として広く一般に普及するためには大いにプラスに働くことでしょう。

「仮想通貨は送金手数料が格安なので、決済手段としてとても優れている」と言われても、「でも、変動相場制のビットコインは、何かのきっかけで(チューリップバブル崩壊のように)、突如、暴落するかもしれない」と思ったら、利用するのを躊躇するかもしれません。

しかも、ビットコインには価値の裏付けがないので、ある日突然、誰も受け取ってくれなくなるという可能性もありますが、MUFGコインには価値の裏付けがあるため、そうした心配は無用です。

MUFGコインは三菱東京UFJ銀行という、預金残高170兆円のメガバンクが発行する仮想通貨です。

この圧倒的な預金残高は、MUFGコインの価値の裏付けとして十分です(三菱東京UFJ銀行という看板だけでも十分かもしれませんが)。

しかも、「1コイン=1円」に固定されているので、突如、価値が暴落するなどということもありません。

一般の人も安心して入手し、利用することができますから、仮想通貨が世の中に一気に普及することになるかもしれません。 おそらく、仮想通貨に関しては他のメガバンクグループも追随してくることでしょう。

具体的には、みずほフィナンシャルグループや三井住友フィナンシャルグループなどは、間違いなく、参入してくると思われます。

私の得ていた情報では、みずほフィナンシャルグループはかなり以前から(おそらく、メガバンクグループで最初に)仮想通貨に関する研究を始めていました。 実用化が遅れた理由はよくわかりませんが、三菱東京UFJ銀行が導入を決めたからには、早急に追随するものと思われます。

そして、おそらく将来的には、各金融グループが発行する仮想通貨は、統合されていくものと思われます。

どの仮想通貨も「1円=1コイン」で固定されていれば、その価値は結局は同じだからです(ただし、各銀行独自の金利優遇サービスなどで差をつける可能性はあります)。

先ほど、仮想通貨の普及で銀行業界はリストラの嵐が吹き荒れる話をしましたが、その状況を銀行自体がすでに見越していて、「ならば、せめて本体だけでも生き残るために、自分たちで仮想通貨を出そう」と考えたのではないでしょうか。

それはともかく、メガバンクが仮想通貨を発行するようになると、「決済手数料が安くなって便利」ということ以外に、さまざまな局面で大きなインパクトが起こってきます。

例えば、MUFGコインが広く普及したとき、通貨は事実上、「円」から「MUFGコイン」へと取って代わられることになります。 「『1円=1MUFGコイン』なのだから、取って代わられると言っても、特に変化はないのではないか」と思うかもしれませんが、そう単純な話ではありません。

銀行は、自己資本の額に応じて、一定の倍率で民間に資金の貸付を行うことができます(それが銀行本来の業務です)。 上限はあるものの、銀行が所有する預金残高や自己資本額以上に、お金を貸し付けることができるということは、「銀行が貸し付けを行うこと=お金の量(この場合はマネーストックの量)が増えていくこと」と言っても間違いではありません。

もし、三菱東京UFJ銀行がこの貸し付けを「MUFGコイン」で行ったらどうなるでしょうか。

世の中の人たちの多くは「MUFGコイン」で資金決済(売買の支払い)を行っている状況では、事実上、三菱東京UFJ銀行が通貨を発行しているのと同じことになるのではないでしょうか。 ゴールドスミスという民間(銀行業者)が通貨を発行していた時代から、タリースティックによって国家に通貨発行権が移り、その時代が長く続いてきましたが、もしかすると、民間銀行が国家から通貨発行権を取り戻すことになるきっかけを仮想通貨が作り出すことになるかもしれません。